香蘭女学校中等科 2019年度入試について

香蘭女学校 2019年度入試結果

2月1日 出願者数 2科69名 4科387名
受験者数 426名
合格者数 104名
2月2日 出願者数 738名
受験者数 556名
合格者数 123名

※市進調べ

 

2019年度香蘭女学校の受験は保護者にとって厳しいものでした。

 

出願者数が激増しました。

試験日程の新設と学校が発信する校風や方針が保護者にうまく伝わり、

香蘭女学校のファンが増えたということの現れです。

 

校長先生が代わられて、

従来の立教大学への推薦とともに、

他大学への進路指導もしっかりしていくという、

これから香蘭女学校が目指すメッセージがしっかりと伝わったのでしょう。

 

香蘭女学校の偏差値は54(2/1四谷大塚)。

今回の入試では、実力通りの受験生が集中したと思われます。

例年の1日のみの入試では第一志望のお子さんのみが合格するため、

合格者の偏差値幅は広くなります。

入試日の増設により、偏差値幅がかなり狭くなったと思われます。

 

ある大手塾では出願者数が前年度より2倍以上増やしているけれども、

合格者数は例年通りと出ています。

これはやはり『塾の香蘭女学校に対する情報収集などがうまくいっていない

ということが考えられます。

 

大手塾では学校の問題の傾向や分析がなされないまま

受験生を送りこむことがあります。

面談で

「ここの学校を受験した方が良いですね。」

などと言われた時は要注意です。

受験生は塾に振り回されることなく、

自分の目で志望校を選んで欲しいと思います。

 

来年の香蘭女学校の入試ですが、今年度と同じような入試状況が続くと思います。

ここの学校を志望校とされるお子さんは

しっかりと成績を確保されたうえで、過去問対策を万全にして受けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です